忍者ブログ

ホームシアター裏B

ホームシアターBライフで書けない管理人の本音

アトモス耳

「滋養なんて、どこにあるんですか!」 精太のセリフより。

オモテの記事の冒頭、映画通なら解りますかね。これに掛けてみました。

さて、DAのデモソフトを初めて聴きました。
これは非売品なので、詳細は書けません。某所でです。

あるいは、なんで今更?と思われるでしょうか。
僕も他の多くの皆さんと同じです。「聴きたければ来てください」という非売品商法である限り、物理的に行けるか、行けないかというそれだけの事です。

DAのデモ、それは確かに思わず「おお」と声が出るほどのものでしたね。
これなら文句は無いと。

しかし、リリースされた映画ソフトはそこまででは無かったということは、この1年言い続けて来た通りです。
にも関わらず、活字媒体ではスタート当初から、なぜあのように絶賛したのか?

提灯記事という人がありますが、そうなった要因の1つが「アトモス耳」だったと推察します。

1年前のDA収録作品の1番手は「北米版トランスフォーマー/ロストエイジ」のはずです。
これに対し、数ページを割いて書かれた高評価の内容・・。

最近まで、「評論家とは、かくも耳が良く、観察力に優れ、並外れた感性で、文字に起こす能力の何と高いことか」・・そう思っていました。

ですが、DAのデモソフトを見て、事情が判りました。

このデモソフトは当初からあって、いの一番にこれを皆視聴しているはず。

で、アトモス耳が出来た。
アトモスとはこういうものだと。脳内にデフォルトが構築された。

そしてトランスフォーマーの視聴では、効果が薄い部分を補った。
人間は都合よく出来ている。不足したデータを補って構築できる。
それはアトモス耳によるものが大きい。と、考えられる。

そういう自分も1年前にデモを見ていれば、後の感想も違っていたかのかも知れない。

かくも活字媒体など信頼性は如何ばかりか。百読は一聴にしかずである。

僕の記事も個人の感性によるものに過ぎないが、関心を持ってくれるのはありがたいです。

ただ、人間なのでですね。おだててくれると、単純にまた次書こうと思うものです。




拍手[8回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
shu
性別:
男性
自己紹介:
「ホームシアターBライフ」のバックヤード、云わば裏ブログです。

「裏」と言うからには若干、「ダークサイド」だったりします。

まあ、管理人の息抜き本音ブログですよ。

フリーエリア

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

フリーエリア

最新CM

[11/07 shu]
[11/07 ラッツ]
[11/06 shu]
[11/06 ラッツ]
[11/05 shu]

ブログ内検索

アクセス解析