忍者ブログ

ホームシアター裏B

ホームシアターBライフNEXTで書けない管理人の本音

夜も眠れない・・

4K放送とDMR-SCZ2060の記事を書きたくても、ある案件に引っ掛かり、それが気になって夜も眠れません。(昨日からですけど)

これが解決しない事には記事がまとめられそうに無いんですよね。

・まずはこれ。



ピンと来る方いらっしゃいますか?

ダイナミックレンジ変換出力」とあります。

これ、「あんたの再生機器がHDR信号に対応して無いんで、SDRに変換しておくから」っていう表示だそうな。

え、DLA-X770Rが?HDRに非対応?・・え。

これ、メーカーに問い合わせが必要かも。
X770Rが写してる4K画像って本物??

ってのが1つ。これがどうにも釈然としないです。


・もう一つ
こちらは先程、理由がわかったのですが・・

4K放送の音声にドルビーアトモスが選択出来るっていう情報があり。

え?

ウチじゃあ、こうなってるんですけど。



Multi ch 入力になってます。
そもそもAVアンプX8500Hへの入力信号はPCMなんだけどなあ。



これ、調べました。
どうやらピクセラの4Kチューナーを使っている人は、こうなってる模様・・。
で、仕様を確かめたら、オーディオの仕様が「Dolby Atmos」になってます。

あ。そういうことね。

中身はドルビーデジタルプラスな訳だけど・・
それってイイの?どう聴こえるの?
22.2chがAtmosにってこと??
うーん。



いずれ、業界の記事等で明らかになって来るとは思いますが、4Kはフルハイビジョンの時と違ってなんだか、ポン、ハイ映った。って言うほど簡単じゃあないみたいです。




拍手[6回]

PR

コメント

1. 無題

Shuさん、こんにちは。

私はピクセラの4KチューナーとSC-LX59の組み合わせですが、アトモスにはならずDolby surroundになります。

投稿された画像を見ますと「Dolby Atmos/DSur」とあります。
これはアトモスかDolby surroundのどちらか一方、と考えられますので、
これをもってBS4K放送がアトモスに対応しているというのは個人的には?です。

仕様にアトモス対応とありますが、

立体音響技術「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」対応テレビ、AVR、サウンドバーに接続いただけますと、 映像サービス各社が提供する没入感あふれるドルビーアトモス対応作品を視聴できます。

ともありますので、ネットフリックスなどの配信サービスに限った話だと私は考えています。

2. 無題

ユキノシタさん、お待ちしてました。(笑)

最初に情報を見た時は、ええぇーっとなりましたが、なるほど。配信サービス対応ですか。
そうですよね。アトモス対応になるとは考えにくいですね。

情報フォローありがとうございました。

3. 無題

あくまで私の推測なので真相はどうなのか…
同じデノン機でも
「Multi In + Dolby Surround」
「Dolby Atmos/DSur」
と表示が違っている点、
22.2chの番組の場合はどうなのかは確認できていない点が気になります。
(夜勤なので夜は見れないんです…
土日も22.2chの番組を放送してくれ…)

4500Hの説明書を見てみましたが、もしかしてほんとにAtmosなの?とも思えてきます。
AtmosではないのにAtmosの表示がされることはなさそうに思えますが…そうなると…?

4. 無題

同じ8500でもこっちはPCM。あちらはドルビーデジタルプラス。そういう入力信号の違いがサラウンドモードの違いとなっているようです。

いずれ誰かから情報が出てくることでしょう。

プロフィール

HN:
shu
性別:
男性
自己紹介:
「ホームシアターBライフNEXT」のバックヤード、云わば裏ブログです。

「裏」と言うからには若干、「ダークサイド」だったりします。

まあ、管理人の息抜き本音ブログですよ。

フリーエリア

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

フリーエリア

最新CM

[12/09 shu]
[12/09 ユキノシタ]
[12/09 shu]
[12/09 ユキノシタ]
[11/06 ラッツ]

ブログ内検索

アクセス解析