忍者ブログ

ホームシアター裏B

ホームシアターBライフで書けない管理人の本音

スピーカーを自作してみた。1-2

大きめのバスレフ・・面倒だなあと思いつつも着手してみることに。

自作派の真意は如何に?その点と、そのスピーカー自体の出来(音)が気になる。
やってみなければそれが解らない。

まずは、フォステクスのカタログに載っている、12センチユニット用のエンクロージャーのサイズをそのまま置き換えて作図。
手持ちのユニット、FE103Enは10センチだが、一回り上のサイズを選択して大きめのバスレフとした。
容量は約9リットルになる。


材料は板厚18ミリのパイン集成材の450×1820。
これをホームセンターでカットしてもらう。

穴は自由錐で加工。
これは会社のボール盤を拝借。
手で持つ電ドルだと、スピーカーの穴Φ93はたぶんムリ。


問題はバスレフポートのパイプに何を使うか。
トイレットペーパーの芯でも良いと言うのだが・・。
手っ取り早く思い付くところで、塩ビパイプのサイズ50×1m(内径は実測51)を購入してカット。
取付け部には同じく、50パイ継ぎ手(ソケット)を1個購入し、これまた会社の旋盤で2個のリングに切り出してG17で貼り付け。

これはバスレフポートの付け替えを可能とするため。


塩ビパイプは3種類の長さを用意。
真ん中が標準。あとの2個はテスト用。
長さの設定はフリーソフトを使用。
エンクロージャーの容積と、ダクト開口面積、チューニングFo(スピーカーの最低共振周波数)を入力ると算出してくれる。


ここまでの材料費は5,140円

続く。





拍手[6回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
shu
性別:
男性
自己紹介:
「ホームシアターBライフ」のバックヤード、云わば裏ブログです。

「裏」と言うからには若干、「ダークサイド」だったりします。

まあ、管理人の息抜き本音ブログですよ。

フリーエリア

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フリーエリア

フリーエリア

最新CM

[12/09 shu]
[12/09 ユキノシタ]
[12/09 shu]
[12/09 ユキノシタ]
[11/06 ラッツ]

ブログ内検索

アクセス解析